徳島県徳島市の医療法人仁寿会東洋病院は内科、漢方内科、リウマチ科、呼吸器内科、リハビリテーション科の診療を行っています。

当院は、1977年『東洋医学と西洋医学の統合医療』を旗印に開院いたしました。その後も東洋医学の発展とプライマリケアを中心とした地域医療に尽力してまいりました。
最近では、一般的に漢方薬が治療薬として使用されるようになりましたが、長年の漢方外来、鍼灸外来の経験をもとに、さらに漢方診療の専門病院として貢献していく所存でございます。
また、専門外来として、漢方外来・鍼灸外来に加え、リウマチ膠原病外来、呼吸器外来を開設致しました。
近年、新しい薬剤の出現など医療の進歩は著しいものがございますので、それぞれの専門分野で、今後も基幹病院との連携を図りながら最善の治療法を提供できるように努力いたします。
さらに、今後むかえる超高齢化社会に向けて医療と介護の両面でのサポートを行っていく上で『優しく・親切に・丁寧な医療』の実践を心がけていきたいと思います。


東洋病院 院長 清水 寛