徳島県徳島市の医療法人仁寿会東洋病院は内科、漢方内科、リウマチ科、呼吸器内科、リハビリテーション科の診療を行っています。

昭和52年6月
東洋医学と西洋医学の総合治療を旗印に東洋診療所を開設
昭和55年2月
東洋病院として開設
昭和59年10月
日中友好病院として学術交流開始
昭和61年4月
許可病床の増床(50床)
平成8年10月 
医療法人東洋病院に組織化
平成10年1月
老人デイ・ケアを開始
平成10年9月
全床を一般病床より療養型病床群に転換
平成12年4月
介護事業運営の開始
平成16年4月
日本東洋医学会研修施設に認定
平成17年3月
グループホーム千寿園(2ユニット)開設
平成19年4月
日本リウマチ学会教育施設に認定
平成20年5月
日本医療機能評価機構認定
平成24年7月
外来診療を新棟に移転
平成24年8月
ショートステイ幸鈴園
サービス付高齢者向け住宅幸鈴園開始
平成29年1月
東洋鍼灸センター(鍼灸院)を併設
平成31年4月
法人名を医療法人仁寿会と改名
令和元年5月
入院棟を新病棟に移転