徳島県徳島市の医療法人東洋病院は内科、漢方内科、リウマチ科、呼吸器内科、リハビリテーション科の診療、また鍼灸治療も行っています。

logo青.jpg病院名.jpg

東洋病院お問い合せ電話.jpg東洋病院お問い合せ電話.jpg東洋病院お問い合せ電話.jpg

HOME.jpgHOME.jpg病院紹介0.jpg病院紹介0.jpg外来0.jpg外来0.jpg入院0.jpg入院0.jpg採用0.jpg採用0.jpgアクセス0.jpgアクセス0.jpg

漢方薬1.jpg漢方内科では、東洋医学(漢方)と西洋医学を融和させた診療を行っています。それぞれの医学の長所を取り入れ、短所を補うことで、より個人々に適合した治療法を見出していきます。
具体的には、それぞれの患者様にあった漢方薬を処方し治療します。また、診断上、必要が認められれば西洋医学的な検査や他の専門科の医師と連携し、診療させていただきます。
「病気を予防するために体質を変えたい」「どこに行っても検査に異常がないから大丈夫といわれているけど体調がすぐれない」などの未病の場合もご相談下さい。漢方薬などで体質の改善、症状の軽減がはかれます。

こんな症状はありませんか?

・冷え症、肩こり、便秘、頭痛、めまい、月経に伴う症状、更年期障害、むくみ、のぼせ
・にきび、肌荒れ、しみ、湿疹
・アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息
・腰や膝の痛み、足のしびれ、足がつりやすい、トイレがちかい
・イライラ感、睡眠障害、気分のおちこみ
・つかれやすい、風邪をひきやすくて治りにくい、食欲不振、下痢

女性のための漢方治療

女性のからだは、月経をはじめ、妊娠・出産、更年期と、女性ホルモンの影響を受けながら変化しています。原因がわからない月経痛、冷え、肩こり、イライラ感、頭痛などは自律神経失調症や不定愁訴などと分類されることが多くみられます。
漢方治療はこのような症状に対して効果を発揮いたします。お一人おひとりの体質・ 体力・全身の状態を十分に把握して見極めながら、最適の漢方薬を使いわける『オーダーメイド医療』をおこないます。
同じ症状でも人によっては違う処方になることもあり、違う症状でも同じ処方になることもあるのが漢方治療の特徴でもあります。
上記のような症状でお困りの方は、漢方外来でお気軽にご相談下さい。

検査で異常ないといわれた症状に・・・

『いつもフラフラするのに、CTなどの検査では異常ないといわれた』、『胃の調子が悪いから、胃カメラを受けたが異常はないといわれた』のような経験をされた方は多くみられます。
このように病気ではないけれども症状があり、病気になる前の段階を東洋医学では、『未病』といいます。漢方治療では『未病を治す』といい、『未病』の状態を健康な状態にもどすことを理想としています。
体調のことでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。


関節リウマチをはじめとする自己免疫疾患
変形性膝関節症、腰痛症などの整形外科疾患
アトピー性皮膚炎や気管支喘息のような体質的疾患
慢性肝炎や高血圧・糖尿病などの生活習慣病、脳血管障害後遺症など種々の内科系疾患
冷え症や月経異常、更年期障害など婦人科疾患
自律神経失調症などの心身的疾患
不眠、不安、抑うつ等の心療内科系疾患
抗癌剤やステロイド剤の副作用の予防など現代医療品の副作用の軽減・防止など



漢方診療では、同じ病気でも同じ処方を用いるとは限りません。
お一人おひとりの体質・ 体力・全身の状態を十分に把握するために、四診[望診、聞診、問診、切診]を行います。

望診とは
患者様の状態を眼で見て観察することです。顔色や表情、肌のつや、体型、動作などから診断します。
聞診とは
聴覚(声の調子、腹鳴、呼吸音など)や嗅覚(便や尿の臭い、口臭や体臭など)によって患者様の状態を診察します。
問診とは
患者様に病気に関することを質問する診断です。現在の病気や体調に加え、これまでの病気の経歴や、体質に関することなどを質問します。
切診とは
直接患者様に触れて脈を診る「脈診」、腹部を診る「腹診」で病気を診断する方法です。